Articles for 9月 2019

多くの情報発信が可能なデジタルサイネージ

来店客はタッチパネルで操作して、ブランドxの売り場はどこか、カフェはどこか?などそれぞれにとって必要な情報を集められて、複合施設に設置されてる物を見る方は積極的に情報を得ようとしていてシーン応じた広告を出すと有用情報として得られて、不快にさせません。

そしてあるブランドの売り場を探してるときは来店客が目当てにしてる売り場以外へ回遊を動機づけるために似た系統のブランドの売り場広告など掲示することが考えられるのです。

そしてカフェを探してるときは持ち帰り用商品、飲食以外の商品購入を促していくためイートインできるパン・ケーキ店などの広告、カフェ周辺の雑貨店などカテゴリー異なった店舗広告を合わせて掲示するのが考えられます。

そして、公共施設でもデジタルサイネージが活躍していて、市民ホールはコンサート可能な大ホールから少人数用会議室までいろいろスペースありますが、それぞれスペースの使用状況毎日異なって、予約状況、イベント開催情報などデジタルサイネージで案内すると、施設利用者にいつ利用できるかなど映像でわかりやすく伝えられるのです。医療機関は医療情報など患者、利用者に提供する目的でこれを利用しています。