顔認識マーケティングとは?顔認識システムで可能なこと

顔認識マーケティングとは、顔認識のシステムを利用した新しいマーケティングです。

顔認識システムで認識された人の顔をデータとして扱い、そのデータをさまざまな方向で有効的に活用しようという試みがなされています。

例えば、お店やイベントなど人の集まるところで、顔認識システムによって顧客や来場者のデータを検出し、性別や年齢層などの分析を行うことで、客層に合わせた、より効果のあるマーケティングを編み出すことが可能です。

ちなみに、顔認識システムで検出・分析できるのは、単に顔だけではありません。その人の顔の”表情”や”気分”、”視線の動き”といった、非常に詳細なところまで、データとして集めることができるのです。

これは広告や商品などを見て、顧客がどのような反応を示したか、というデータを取ることに役立ちます。これらを有効活用して、データを基にマーケティング内容を改善すれば、売り上げの上昇やサービスの向上が望めます。

店内カメラを利用した新たな顔認証マーケティング

近年、百貨店や、スーパーマーケットでは、幅広い世代の方に来店、購入していただけるように様々なマーケティングをしています。

そこで、最近注目されているマーケティング方法として知名度を上げつつある、カメラを使った顔認証マーケティング(顧客情報取得)というものを紹介いたします。

お見せの中の棚の前に、カメラを設置。カメラがお客様の顔を認識して、データを収集する…というものです。

どの店内に設置してあるカメラも、いまや技術の進歩により、より正確にさらに詳しい外見的判断ができるようになりました。

いままでは防犯意識や犯人特定のために使用されていたカメラ映像ですが、いまや入店した顧客の性別や、年齢層まで知ることが出来るマーケティングツールになっています。

どの時間帯にどの世代の顧客が来店したか、購入した商品や店内の滞在時間、興味のある分野までもがカメラを通してわかり、より売り上げや店舗の活性化につながる催事を開催することもできます。

通信販売で購入することの多い中、店舗まで出向くという行為には、購買の意思や、店員とのやり取りで何かを得たいと思っているからです。

再度来店してもらいリピーターになってもらうためにどのような商品を置き、接客の質を向上させることが可能になります。